東大生は皆やっている!?東大読書  書評

書評

「読む力」と「自頭力」がいっきに身につく東大読書 書評

書籍紹介

自頭力を高めたい

本を読んだ後内容が頭に残っていない

このような悩みを解決する答えの一つがこの東大読書です。

東大読書とは東大生がみなやっている

本の能動的な読み方のことである。

その読み方は実践していく中で

自頭力 つまり自分で考える力が付き

本の内容が頭に残るということです。

著者はこの読み方を東大受験への浪人中に発見したらしく、

それにより東大入試問題の知識への問ではなく知識を運用する力への問に対応できるようになったみたいです。

本書要約

本書では5ステップで読み方を解説されています。

1STEP

読み始める前に準備をすること

これはタイトルや著者のプロフィール

また帯などに書かれてある情報から

この本の内容がどのようなものなのか考えるという作業です。

これにより多くのヒントを得たうえで読むことにより

文章の理解度が格段に上がるというものです。

2STEP

読者ではなく記者になれ

これは受け身にならずに能動的に読もうという話となる。

文を読みながらメモをとりつつ

著者の主張にこれは本当にそうなのだろうか?

などと質問を投げかけながら読もうという事です。

答えを見つけようと読む姿勢の中で

結果より文章の論理展開が分かるようになってくるのです。

3STEP

整理読みで読む

整理読みとは著者の言いたい本質のことと

それ以外のことに分けながら読み

章ごとや区切りがいいところで

そこまでを要約していく。

それをメモすることで、情報を取捨選択し、

物事を端的に表すことができるようになります。

4STEP

 検証読みで多面的な物の見方を鍛える

ここでは本を2冊同時に読むと書かれています。

これは同じジャンルの違う著者の本を同時に読むことで

違う角度から語られる内容を客観的に見ることで

より能動的になりやすく、こちらではこうだったがあちらではどうだろうかと

主体的に読めるようになります。

この過程で考える力が身につくという事です。

5STEP

アウトプットする

本を読んだ後の感想を言葉にする。

人と内容について話あう

などをしてアウトプットをすることで

内容が頭に残るようになります。

以上のことを実践していくことで

情報を扱う力が向上し、内容が記憶に残ります!

まとめ

私はこれまで内容が頭にあまり残ってないなと感じることがありました。

しかしこの読み方をして変わったなとすぐに感じられるほど効果的でした。

また、この読み方は大変そうだと思われるかもしれませんが

やってみると結構楽しい!!

今では本を読むときはノートが必須になりました。

本書では他にも詳しくかいてありますので

本の内容を忘れやすいなと感じられている方など

読んでみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました