CAR-T用のT細胞採取

CAR-T

こんにちわ

本日は題名にもある通り

CAR-T療法で使うT細胞を採取をしてきました。

この採取したT細胞に手を加えてガンとなった細胞を攻撃するようにするわけです。

今回、採取は末梢血幹細胞を採取するように腕からとるのかな、なんて思っていたのですが、

首のCVからの採取となりました。CV刺すの痛かった!麻酔痛い

点滴用ではなく採取用だったのでいつものより太いようで、いつもの感じとは結構な違いを感じてしまいました。

また末梢血のようにグランを点滴とかするのかなと思ってましたがこれも違い

なにもせずそのままで採取開始となりました。

ベッドのままでOKだったので行きかえりが楽で、

CVに管をつないで採取と、とくに何もすることもなく。

横になったままテレビで聲の形が流せたので、鑑賞してました。見たことがなかったのです。

3~4時間を目明日に考えていたのですがこの映画が終わるころにはほぼ終了し、思っていたよりも短く終わることができました。

(アニメ映画で2時間10分の作品だったので結構長い物だったんだなって後で思いました)

色々と暇つぶしのアイテムを持って行ったのですが使うことなく終わりました。良かったのかな

ちなみに採取に関しては、まず目的のT細胞をなどを採取し、最後にこの過程でとられた血小板を体にもどして終了となりました。

T細胞を採取して血液を体に戻すとき、体から出た血液が冷えて戻ってくるので体が冷えて寒くなります。

布団一枚追加してもらいました。寒かった!

後は特に難なく終了し部屋に戻り安静です。

結果的には3時間くらいで終わったのではないでしょうか

しっかりと採取できてることが確認出来たら、CVを抜いて一仕事終了です!

今から1か月ほどは、とった細胞がしっかりと増えて帰ってくることを望むばかりです。

これでT細胞採取の入院は終わりになりました。

とまこのようにT細胞採取は比較的楽に進むのではないでしょうか。是非参考に!

残りの時間を有効に使って体調をもどし本治療に耐えうる体力をつけなきゃですね!

しかし何度も書いてある通りもう1クールのビーリンサイトがまってるので曲者なんですよね・・・

今後CAR-Tの治療に関しての記事は白血病カテゴリーのCAR-Tにまとめるのでぜひそちらからお願いします!CAR-T


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました